Loading
  • クラウドファンディングにご協力よろしくお願い致します ▶︎
  • CAMPFIRE

2020.12.31配信ライブ開催決定!

詳しくはこちら

NEWS

2020-10-18NEW

第二弾アーティスト発表

詳細を見る
2020-10-02

第一弾アーティスト発表

詳細を見る
2020-10-02プレスリリース

47+1 新生 NEW YEAR ROCK FESTIVAL 2020-2021 クラウドファンディングスタート

詳細を見る
2020-10-02

47+1 新生 NEW YEAR ROCK FESTIVAL 2020-2021 OFFICIAL HP OPEN

詳細を見る

LINE UP

出演アーティスト毎週発表 !!

レジェンド出演

To Be Announced...

いまROCKがヤレること!?

『紅白だけが祭じゃないぜ』のスローガンの下、
1973 年にスタートした年越しロックイベント【New Year Rock Festival.】
去年主催者である内田裕也が他界。47年の幕を閉じた。しかしこの灯火を、イズムを未来に繋げるべくHIROがプロデューサーに就任。
シーナ&ロケッツ鮎川誠を旗頭に亜無亜危異の仲野茂とカリスマラッパーZeebraと、共に今年も開催いたします。
新型コロナウィルス感染拡大に伴い、
感染拡大防止そして何より御来場されるお客様の安全を第一に考え『無観客配信LIVE』として開催する事を決断致しました。
開催中止も考えましたが、楽しみにされている方々、
そして47 年続いて来たこの歴史、先人の方々から現在まで繋いで来たこの灯は消せない!
この思いを初の無観客配信年越しLIVE へと皆様の御支援の下、実現させていければと切に願っている次第であります。
まさに47+1新生New Year Rock Festivalの船出
カイキゲッショクHIRØ

N.Y.R.F. プロデューサーHIRØ.(カイキゲッショク)

⾃分が『New Year Rock Festival』に出演させて頂く様になってから25年。
この25年間、ROCKで、ニューイヤーのステージで新年を迎えさせて頂きました。 裕也さんが創ってくれた祭、ジョーさん、⼒也さん、桑名さんの魂が込められてきたニューイヤーロック!!⽇本を代表する様々なロッカー達がN.Y.R.F.の歴史を紡いで来ました。 この灯⽕を消さない︕コロナなんかに負けない︕例え無観客でもやる︕カメラの向こうへ全⼒でROCKする!そして未来に繋げる!今年1年の集⼤成を︕新しい1年の幕開け!ROCKで年越しを!N.Y.R.F.を未来に繋げる為に、全⾝全霊で挑む所存です!御⽀援よろしくお願い致します!

鮎川誠(シーナ&ロケッツ)

1973年に始まった内⽥裕也のニューイヤーロックフェスティバルが、この世界的なコロナのパンデミックの中、今年も開催されることが決定しました。
そしてシーナ&ロケッツも43年連続で出演できることは光栄であり⼤きな喜びです。
今年も精⼀杯ロックの⽣⾳を響かせたいと今から楽しみにしています。
これもひとえに応援してくれる皆さんのおかげです、本当にありがとう。
クラウドファンディングもご⽀援どうぞよろしくお願いします。

仲野茂(亜無亜危異)

アナーキーを作った時に俺たちには、三種の神器があった!新宿ロフトに出る、⽇⽐⾕野外⾳楽堂でやる、そしてニューイヤーロックフェスにでる!1981年浅草国際劇場でのニューイヤーロックフェスに出て、ライブをやり、客がステージに上がってきて半分くらいで中⽌になり、ステージが終わって、内⽥裕也に呼びだしをくう、そして安岡⼒也と裕也さんに連れられて⼀番奥の楽屋に連れて⾏かれた、「あぁせっかくニューイヤーロックフェスに出れたのに俺のバンド⼈⽣は早くも終わりかぁ」と⼼の中でつぶやいた。でも⼒也が間に⼊って?裕也さんをなだめてくれ、何とか事なきをえる。
そんなおもいで深いニューイヤーロックフェスが47年も続いている、凄いことだ、この⽇本でもっとも歴史あるフェスを潰すわけにはいかない!

Zeebra

尊敬して⽌まない唯⼀無⼆のレジェンド、内⽥裕也さんが晩年ギリギリまで守り続けたニューイヤーロック。
その魂を受け継ぐHIRO.と共に、これからもブチかまします!歴史を守りながらも進化し続けるNYRFサポートの程どうかよろしくお願いします︕

薗⽥賢次(映像作家)

裕也さんを筆頭に、尖った先輩達が昭和〜平成〜令和と47年駆け抜けてきたニューイヤーロックフェス。
今年は、無観客年越し⽣配信ライブと⾔う事で、これから続々発表されるであろうアーティスト達の、曲に込めた想い、発するエネルギー、空気感など、余すところなく届けられたら!と思っております。
ご⽀援宜しくお願いします。

TICKET

クラウドファンディング
2020.10.2-12.20

GO CHECK

配信チケット 近日詳細発表

COMING SOON

年に一度の年越しロックフェス。
47 年の歴史、そして新たに迎える今年、どうすれば安全に開催出来るのか? 現在も感染者が増加する中、日々変化する状況を注視して来ました。 その結果、感染拡大防止そして何より御来場されるお客様の安全を第一に考 え、初の『無観客年越し生配信 LIVE』を開催する事に決断致しました。開催 するにあたり、会場費、アーティスト出演費、音響費、照明費、楽器レンタル費、 美術費、配信中継費、人件費、制作運営費など様々な費用が掛かって来る事、 それでも何とか努力していこうと思っています。 フェスとして素晴らしいアートを皆様に届けたいと願うのが我々実行委員会 の心持ちです。
本当に心苦しいのですが、この 47 年続いて来たニャーイヤーロックフェスの 灯火を消さない為に、素晴らしいアートを皆様にお届けする為に、どうか皆 様の御支援をここに募らせていただけますでしょうか。 心より皆様の御支援、御協力をお願い致します。

HISTORY1973-2019

New Year Rock Festival Archive 1973-2019 は こちら ▶︎

Kill Covid

2020年5月25日、新型コロナウィルス感染拡大防止の為に発令された緊急事態宣言が解除された。同日、同時刻に音楽集団カイキゲッショクにより【KILL COVID】~いまROCKがヤレること!?~が投下された。
国難や災害時の際に、ROCKに何が出来るのかを常に考えてチャリティなどのアクションを起こして来た現在は亡き、内田裕也、ジョー山中のイズムを継ぎ完成した動画【KILL COVID】
このアクションは投下された動画だけでは終わらない。
この動画アクションに賛同、意見、応援してくれるアーティストや表現者、そして一般の方々やファンの皆様と一緒にキルコビ出来ればと願っています。
まだまだ長いトンネルの中にいる様な状況下、
早く光を見出せる様に祈りを込めた【KILL COVID】
このアクションはまだまだ続きます!

  • KILL COVID


  • KILL COVID
    『鮎川誠 篇』


  • KILL COVID
    『アナーキー仲野茂 篇』


  • KILL COVID
    『GAS TUNK(BAKI+TATSU)篇』


  • KILLCOVID
    高木完

CONTACT